読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKB48グループが自滅していく!!

AKB48グループが自滅していく!! ⑧

原因は、驚くほど未熟な「事業経営力」です。

 

 夢や目標を持てないAKB48 !! 末期症状。

 

3月4日、「AKB48速報」に「AKB総監督・横山由依が危惧する次世代メンバーの野心のなさ」という記事が載っていました。

記事に信憑性があると仮定して要約すると、

“女優や歌手などの夢を描いていない。現状に満足しているため、ドラマ出演を拒否したり、グラビア撮影を嫌がるメンバーがいる。

「私はセンターになる器じゃない」と謙虚すぎる子が多く、次世代メンバーの知名度が上がらない一因にもなっている。”

と書かれています。

この文章の中には、AKB48が自滅していく主要因が隠れています。

それは、「採用、育成、活用、評価の人事サイクル」がいまだに構築されていないことです。

経験を積んでパフォーマンス力が上がっているのはほんの一握りのメンバーだけで、ほとんどの人は歌もダンスも上達していません。逆にどんどん下手になっていく人もかなり見られます。本気で育成していないからです。

 

25

 

それでは順に見ていきますが、まず採用面です。

アイドル志望者は、下記三つのタイプに分類されます。

一つ目は、アイドルが好きで、アイドル活動そのものを楽しもうとしている人。

二つ目は、役者や歌手、声優等を目指し、アイドル活動は修行の場と考えている人。

三つ目は、「アイドルごっこ」をしたい人

まず採用段階で、三つ目を排除しておく必要がありますが、今現在かなり紛れ込んでいるのではないでしようか。見抜く眼力大丈夫ですか。

一つ目、二つ目のタイプは、素質と本気度の見極めが重要です。 

 

次に育成面です。

素質を開花させ、技能向上のための実践的な支援体制の整備・強化が急務です。テーマ別に講師、カリキュラムを準備し、年間通して受講できるような「タレント予備校」の創設など新たな取り組みが必要です。

今の使い捨てのような環境では、ほんの一握りの人を除いて、ほとんどは夢破れ、目標を見失い、失意の中で辞めていくことになるか、横山さんが嘆くような「意欲も危機感もない」と言われような人が増えていきます。

AKB48グループでは、途中で辞めることを「卒業」と言っていますが、正確には「挫折しての中退」です。

 

26

 

活用面は、もっと問題がありそうです。

人気も実力もあれば推されても違和感はありませんが、

①人気はあるが、実力が不足

②人気はないが、実力は十分

この二つのケースでの対応を誤ると愚痴や不満が各所から滲み出し、放置すると嫌悪感、不信感を醸成します。これは、メンバーのやる気を殺ぎ、ファンの熱を冷まし、AKB48離れを引き起こします。(もう起きてますね)

運営サイドは、①の「人気はあるが実力不足」のメンバーを重用しがちです。事業収益面を考えるとやむを得ないのでしょうが、人材育成の観点からは間違った判断です。 現在の事業環境では、収益の維持と人材育成は両立せず、「二兎を追うもの一兎も得ず」です。AKB48人気メンバーが払底した今こそ、②の「人気はないが実力十分」な若手を抜擢し、経験を積ませ、人気メンバーに育て上げることが必要です。まだ間に合います。

 

最後に評価面ですが、これは極めて単純で「信賞必罰」を徹底することです。

スキャンダルの放置など言語道断で、ファンの信頼を裏切り、絆を自ら断ち切るような愚行で、アイドルビジネスの掟破りです。

 

 

 

 

27

 

多くのファンは裕福ではありません。そんな彼らが物心両面でアイドルを全力で応援している中、隠れて恋愛しているアイドルとそれを見逃す運営責任者、法的に問題なくても道義的には犯罪と同じですよ。

時々「年頃の女性が恋愛禁止というのは酷では・・・」と無知で無責任な発言をする人がいますが、アイドルビジネスは、恋愛禁止が前提で成立していることを理解すべきです。

事業が成功すると原点を忘れがちです。

 

このように運営責任者の『不作為の過失』から生じている事態を、現場の横山さんが危惧せざるを得ない状況、何ともやりきれないですね。

秋元さん、しっかりしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28